読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BluePrint -ひみつどうぐ-

ガジェットやプログラム、システムの設定、ゲーム所感などをLOG的に記載しています。

Windows7 SSD追加

2016/06/15

AmaRecTVでゲームプレイ動画を録画すると(非圧縮なので)ストレージがいくらあっても足りない。圧縮処理はとても時間がかかるので圧縮元データもSSDに格納すべく、SSDを追加してみた。

480GBのSSDが1万円を切る?

非圧縮で録画すると2時間で200GBを超えてしまうため、SSDも240GBだとちょっと心もとない。でも480GBはまだまだ値段がこなれてなくて高価…と思ってたらそうでもないようだ。

ascii.jp

これは買わねば!ということで6/6にあきばお~零に行ってみたところ、謎のSSDは…

 

 

Transcend SSD 480GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS480GSSD220S

Transcend SSD 480GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS480GSSD220S

 

 これだった。可もなく不可もなくといったところ。

さっそく装着してみようと思ったら…SATA電源が届かない!延長ケーブル買わないと…。

あと、SATA3ポートが2つで、システムSSDとデータHDDで使っていて刺すところがない!…SH67H3のマニュアル見ると他にSATA2が2つ余っている模様。

SATA3と2の主な違いは転送速度。6Gbpsと3Gbps。この違いはHDDで出るのか調べてみた。

ディスクアクセス速度の差

ベンチマークソフトで計測してみた(Ver2.2以前はバグがあるらしいので要注意)。

CrystalDiskMark - ソフトウェア - Crystal Dew World

SATA3に接続したHDDでの計測。HDDはだいぶ使い込んでる4TB。 

 

f:id:gantech3:20160617004656j:plain

続いて、SATA2(3Gbps)に刺してみた。

f:id:gantech3:20160617004752j:plain

ランダムアクセスはそれほど変わらないけど、シーケンシャルだとやっぱり75%ぐらいしか性能が出ない。倍ほどは違わないけどやっぱりSATA3に繋げられるならそれに越したことはない。

トランセンド480GBをSATA3につなぐ

まずはフォーマットされていないのでフォーマット。パーテーションをMBRとGPTで選択するけど、容量的に2TBもないのでMBRを選択。

参考:SSD換装で快適に!Windows7でフォーマットする3つのポイント | PCナビゲーター&カメラナビゲーター

フォーマット形式もNTFSとexFATと選べるが、MACでは使わないので、NTFSで問題なし。

参考:NTFS、FAT32、exFATの違いを比較!ポータブル・外付けハードディスクを買う時に確認すべき事とデータ保存の裏ワザ | 笑来

で、先ほど空けたSATA3に接続し、計測してみると…

f:id:gantech3:20160617005250j:plain

まあすごいスコア。

じゃあ実測値としても期待できる!?

ということで昔から愛用しているTMPGEnc MovieStyleで圧縮してみることに。

株式会社ぺガシス:TMPGEnc MovieStyle :ポータブルプレーヤー/ゲーム機器向け動画変換ソフト

f:id:gantech3:20160617011318j:plain

PS3向け標準画質への変換で6分ほどの映像を変換したところ…

f:id:gantech3:20160617010004p:plain

と有意な差が感じられない結果に。トホホ…。

まあ結果、14.3GBのAVIが219MBのMP4動画になったんでいいんだけど(^^;)

 

参考:ファイルシステム(NTFS、exFAT、FAT32、FAT16)の違いについて - アンサー詳細 | BUFFALO バッファロー